米国消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission, CPSC)が連邦公報内でベビースリングに関する最終規則を発表しました

2017/2/28

ベビースリング
ベビースリング(最終規則より抜粋)

2017年1月11日に米国消費者製品安全委員会(以下CPSC)が16 CER 1228、ベビースリング(商品画像 右図参照)の安全基準に対して賛成を投じました。最終規則は連邦公報内において2017年1月30日に発行されました。この最終規則は2018年1月30日から施行され、この施行日もしくはそれ以降に、製造または輸入された商品に適用されます。

ベビースリングは、布もしくは縫製された布の構造を持つもので、垂直もしくは後ろに傾けた状態の乳幼児を入れて保護者の上半身で支えるよう設計された商品に分類されます。通常ここで述べられる乳幼児とは、乳児から体重35ポンド(15.9キロ)の幼児までを指します。

最終規則はASTM F2907:2015(ベビースリングのための消費者安全仕様基準)を1つの変更と共に承認しました。この変更(セクション5.7.3)とは、布に縫い付けられている警告ラベルは、製造者が推奨する使用方法でスリングを装着した際に、その生地に外周全てを縫い付けられていなければならないと定めている箇所です。


補足情報:

最終規則の全文(英語)
https://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2017-01-30/pdf/2017-01285.pdf

ビューローベリタスは、世界中で年間50万件以上の玩具や幼児製品の評価をしており、様々な幼児製品に伴う危険に関する広い見識を持っております。弊社の玩具および幼児製品の品質保証サービスは、貴社の製品が国の要求事項や業界基準を満たしているかを確認する検査サービスだけでなく、対象年齢評価や設計評価、生産ラインのレビュー等、豊富な専門的サービスもご用意しております。