米国玩具基準 ASTMF 963-17が発行されました

2017/9/28

2017年8月24日、米国ASTMインターナショナルは、玩具の安全基準(Standard Consumer Safety Specification for Toy Safety)ASTM F 963-17 を発行致しました。この新しい基準は、2017年4月30日に米国消費者製品安全委員会 (CPSC:Consumer Product Safety Commission) のルールによって義務化されたASTM F 963-16の改定版です。消費者製品安全改善法(CPSIA :Consumer Product Safety Improvement Act)に則り、発行から90日以内に米国CPSCが却下しない限り、180日間の公布期間後にASTM F 963-17は義務化されます。


ASTM F 963-17改定のまとめ:

  • "must"という表現が"shall"に変更され、基準の義務化が明確にされました。
  • 第2章にあるANSI/UL クラス2以外の1012電源装置と40 CFR141.63微生物学的汚染物質の汚染レベルの上限(MCLs)について、参照文書が追加されました。
  • 参照文書の部分に「第2.8章 その他の文書」として以下が追加されました。
    • CTFA微生物ガイドライン、試験方法M-1 、M-2、M-3およびM-6
    • 米国薬局方、第35版(もしくは最新版)、試験方法61と62、および第1231章
    • 米国食品医薬品局微生物分析マニュアル
  • 第3.1.20章にある化粧品のFDCA表示要求事項に対する適用性の定義が明記されました。
  • 基準には使用されていなかった駆動装置の定義が削除されました。
  • 全体を通して細かい記述がいくつか変更されました。
  • 新しい改定に合わせて、章の番号が振り直されました。
  • 基準と重複していた備考13が削除されました。
  • 第4.21.2.3章および第4.21.3.3章に、運動エネルギー密度(KED)検査は0.08Jを超える運動エネルギーを持つ発射型玩具と矢のみに適用することが明記されました。
  • 低電力の電気回路に関する備考15が追加されました。
  • 充電/非充電検査に関する第4.25.11.5章の文章構造が変更されました。
  • 第4.25.11.8章のショート防止検査に関する危険状態の関連情報が追加されました。
  • 第4.38.2章の磁気/電気実験セットの対象年齢についての記述に変更がありました。
  • 第4.41.5章の玩具箱の生産者マーキングについての記述に変更がありました。
  • 第4.5章の定義にならって、プッシュ/プル玩具は床玩具ではないとの解説が追加されました。
  • 付属書A 1202.7.1にある即席で作られた発射型玩具の許容量の論理的根拠についての記述に変更がありました。
  • 運動エネルギー(KE)関連の論理的根拠として、付属書A12.2.10.4に特定の国際基準が明示されました。
  • KEDの要求事項における論理的根拠として付属書A12.2.11.3の記述に変更がありました。
  • 乗り物玩具の論理的根拠として、付属書A12.6の記述に変更がありました。
  • 音響玩具の論理的根拠について、付属書A12.9の記述に変更がありました。
  • 2017年改定に合わせて論理的根拠が追加されました。

[参考資料]
ASTM F963-17については、ASTM Internationalウェブサイト(英語サイト)をご参照下さい。

ビューローベリタスは、皆様の利益と安心を守るべく、皆様の製品が法令に則り、消費者の期待に確実に沿うようお手伝い致します。 是非ご相談下さい。