ASTM(ASTM International:米国試験材料協会)F2417キャンドルの火災安全規格が改訂されました

2017/11/28

キャンドルの火災安全を担当するASTMの小委員会グループは、先ごろASTM F2417基準の改訂版を発表しました。これは、基準を簡略化し、理解しやすく、また明瞭にするために、全体を書き直したものです。
ASTM F2417は、キャンドルの火災安全の標準規格で、蝋を使ったキャンドル製品全般およびキャンドルが燃えているときの安全性を評価するための検査手順と基準を示しており、1つまたは複数の可燃性の芯と、それを支える、室温で固体、半固体または準硬質の燃料による材質からなるキャンドルに適用されます。柱状のもの、器に詰められたもの、奉納用、ティーライトキャンドル、装飾的なもの、先端が細くなっているもの、誕生日用、宗教/儀式用、ジェルキャンドル等の一般的なキャンドルが含まれます。
今回改訂された基準の変更点は、主に編集上のものですが、キャンドルの新しい定義の追加など、本質的な追加も行われています。

ビューローベリタスは、キャンドル製造業における実績があり、この2017年のASTM F2417の改訂、利用についても熟知しています。
キャンドルアクセサリーの火災安全規格であるASTM F2601の改訂についてもASTM F2417と同様の改訂が現在行われており、近い将来改訂版が発表される予定です。

原文:ASTM F2417 Candle Fire Safety Standard Updated(英語)