欧州連合(EU)は、玩具に含まれるアルミニウムの移行限度値引き下げを提案しました

2019/2/26

2018年12月10日、欧州委員会は玩具安全指令に基づくアルミニウム移行限度値を引き下げると世界貿易機構(WTO)に通知しました。この提案は2019年の第2四半期に採用され、欧州連合の官報(OJEU)発表18ヶ月後施行予定です。

背景

保健衛生・環境および新興リスクに関する科学委員会(SCHEER)は、アルミニウムの毒性に関する最新のデータにより、玩具に含まれるアルミニウム限度値を、耐容一日摂取量(TDI)0.3mg/kg 体重/日に修正するのが適当であると考えています。子供は玩具以外の製品からもアルミニウムにさらされるので、最終的に移動限度値の計算にはTDIの10%のみが適用されます。

新たに提案される基準
  現行の基準-玩具安全指令
(mg/kg)
提案された新しい基準-玩具安全指令
(mg/kg)
カテゴリーⅠ:
乾燥した、脆い、粉状のまたはやわらかな玩具素材
5,625 2,250
カテゴリーⅡ:
液状または粘着性の玩具素材
1,406 560
カテゴリーⅢ:
削りとることのできる玩具素材
70,000 28,130

■ 追加情報
欧州委員会指令(草案)

ビューローベリタスは、製品検査のソリューションを幅広く提供しています。
検査に関するご相談は、日本窓口が承ります。