欧州化学物質庁(ECHA)、新たに2候補物質のパブリックコンサルテーションを開始(欧州REACH規則)

2020/9/28

欧州化学物質庁(ECHA)が、新たに2つの高懸念化学物質(SVHC)候補物質のパブリックコンサルテーションを開始しました。ECHAから通知を受けたステークホルダー(利害関係者)が、2020年10月16日までの45日間にこれらの候補物質について意見表明を行い、ECHAがその意見を考慮してこれらの物質をSVHC候補リストに追加するかどうかを最終決定します。

2020年9月1日にECHAが発表した2つのSVHC候補物質は以下の表のとおりです。

物質名 CAS番号
(EC番号)
追加理由 用途
bis(2-(2-methoxyethoxy)ethyl)ether
ビス[2-(2-メトキシエトキシ)エチル]エーテル
143-24-8
(205-594-7)
生殖毒性
(第57c条)
インク、トナーの溶剤・抽出剤
Dioctyltin dilaurate, stannane,dioctyl-, bis(coco acyloxy) derivs.,and any other stannane, dioctyl-,
bis(fatty acyloxy) derivs.wherein C12 is the predominant carbon number of the fatty acyloxy moiety
ジオクチルスズジラウレート、スタンナンのジオクチル誘導体、ビス(ココ アシルオキシ)誘導体、他のスタンナンのジオクチル誘導体、ビス(脂肪族アシルオキシ)誘導体(C12が脂肪族アシルオキシ部位の主要な炭素数であるもの)
-
(-)
生殖毒性
(第57c条)
物質の単一構成形態であるジオクチルスズジラウレートが接着剤や密閉剤として使用される。

参考情報:

ビューローベリタスの取り組み

ビューローベリタス消費財部門では、リテール顧客に対して、製品や製造工程で使用される物質に含まれる有害物質を特定するサービスを提供しています。新しい候補物質が特定されると、政府の規制内容とその製品が流通する市場の産業基準に適合するためのプログラムを開発し、更新していきます。刻々と変化する規制条件に迅速に対応するためのパートナーとして、グローバルサプライヤーチェーンをサポートしています。

ビューローベリタスは、製品検査のソリューションを幅広く提供しています。検査のご依頼は、日本窓口(消費財事業部)が承ります。