中国の義務的標準規格であるGB38995-2020(乳児用哺乳瓶および乳首)が、2021年11月1日に発効します

2020/12/23

哺乳瓶や乳首は市場で一般的な製品であり、その品質性能は乳児の成長と健康にとって重要です。中国の国家市場監督管理総局(標準化管理委員会)は、義務的標準GB38995-2020(乳児用哺乳瓶および乳首)を公開しました。この規格は、2021年11月1日から実施される安全性、表示、およびその他の要件を規定しています。

この規格は、物理的な安全性に焦点を当てており、リスクを低減するために、製品のラベル付けから消費者による適切な使用までの詳細な要件を規定しています。
哺乳瓶や乳首は、材料や製品に関する国の食品接触安全基準にも準拠する必要があります。
以下は規格の要約です。詳細は公式規格を参照してください。

項目 要約
1. 検査範囲
  • 哺乳瓶および乳首の技術要件・試験方法・検査規則・表示・輸送・保管を指定します。
  • プラスチック・ガラス・金属・セラミック・シリコンゴム・ゴム、またはこれらの材料の組み合わせで作られた乳児用哺乳瓶および乳首(ボトル、乳首、および補助部品)に適用されます。
  • 臨床用哺乳瓶およびおしゃぶりには適用されません。
2. 引用規格
  • 引用規格を掲載。
3. 用語と定義
  • 哺乳瓶のさまざまな部品の説明と定義を掲載。
4. 技術要件
4.1 一般的な要件
4.1.1 部品
  • 異物の含まれていない整った清潔なものでなければなりません。使用を妨げる切りくず・穴・変形があってはなりません(設計された機能である場合を除く)。
  • 哺乳瓶と各部品には、危害や危険を引き起こす可能性のある鋭い先端や尖った部分があってはなりません。
  • 繰り返し使用する製品の場合、印刷された柄は、GB / T9286に準拠したレベル1の印刷インク接着要件を満たしていなければなりません。
  • 最小体積目盛り・単位・体積精度など、体積目盛りと公称容量の要件を指定しています。
  • 小さな部品が含まれない(警告を必要とするスルーホールピンと重力ボールを除く)。
  • シーリングディスクの最小直径を指定しています。35mm以上でなければなりません。
  • 耐破裂性と耐引張性が必要です。
4.1.2 体系的なプロパティ
  • 哺乳瓶の部品は、それぞれ互いにぴったり合う必要があります。
  • 沸騰水試験後の歪みや損傷があってはなりません(ソーダライムガラスを除く)。
  • 熱衝撃試験後の亀裂や破損があってはなりません。
  • 沸騰水および熱衝撃試験後の漏れがあってはなりません(乳首を除く)。
  • ボトル内の体積目盛りと液面がはっきりと見える必要があります(金属製ボトルを除く)。
  • 乳首およびその他の飲用部品は、安全サイズ・長さ・安全性/保持試験・柔軟性・落下試験に関する要件を満たさなければなりません(安全警告のあるガラスおよび陶器製のボトルは、落下試験要件から免除されます)。
4.2 追加要件
  • ペットボトルは耐圧縮性、ガラスびんは耐熱衝撃性・耐加水分解性・耐応力性・機械的耐衝撃性を備えることとします。
5. 試験方法
  • テストサンプルの準備、および各パラメーターのテスト方法を指定します。
6. 検査規則
  • 検査スキームと判断ルールを指定します。
7. 表示、輸送、保管
7.1 表示
  • 簡体字中国語、フォントサイズなどの一般的な表示規則を指定します。特に、使用説明書は、製品設計による欠陥を補うのではなく、製品を使用する際の実際の性質を反映するものとします。
  • 製品または販売パッケージで購入情報を提供することを指定します。
  • 哺乳瓶と乳首の材料は、部品ごとに表示する必要があります。
  • 使用のための適切な指示がなければなりません。
  • 製品の警告、および特定の状況に対する追加の警告を指定します。
  • 特に電子レンジ対応製品に、加熱に関する警告を指定します。
  • 表示の方法を指定します。
7.2 輸送と保管
  • 輸送と保管の要件を指定します。