米国ワシントン州は4種類の食品包装に含まれるPFASの使用を禁止しました

2021/4/26

米国ワシントン州は、4種類の食品包装に含まれるパーフルオロアルキル物質およびポリフルオロアルキル物質(PFAS:per- and polyfluoroalkyl substances)を2023年2月から禁止すると発表しました。

背景

2018年のワシントン州包装毒性法の改正案には、PFASの代替とする毒性の低い化学物質や非化学物質が代替調査により2020年1月までに特定された場合、PFASの使用を2022年1月から禁止とするということが含まれていました。また、2020年1月までに毒性の低い化学物質と非化学物質の代替品が特定されなかった場合は、より安全な代替製品が特定されて州に報告されてから2年後に、PFASの使用禁止が発効するとしていました。

法律による定義(RCW 70A.222.010)

食品包装:食品と直接接触する仕様の紙、板紙、または植物繊維に由来するその他の材料で大部分が構成されているパッケージまたは包装容器

PFAS

少なくとも1つの完全にフッ素化された炭素原子を持っている物質

代替品調査レポートの要約

ワシントン環境庁(DoE)は最近、食品包装におけるPFASの最初の代替品調査レポートを発表しました。DoEは、化学的危険性、暴露、性能、コスト、および代替材料の入手の可能性を考慮して、より安全なPFASの代替品が存在するかどうかを判断するために10種類の食品包装を評価しました。 DoEは、PFASの代替品が次の4種類のパッケージで利用可能であると判断しました。

パッケージの種類 代替案:
ラップとライナー ワックスコーティング材質
プレート クレイコーティングされた再利用可能な材質
フードボート クレイコーティングされた再利用可能な材質
ピザボックス コーティングされていない材質

ただし、調査では以下6つの製品に対しては、より安全なPFASの代替品を見つけるための十分な情報がないと判断されました。

  • パッケージ袋、帯・カバー類
  • ボウル
  • トレイ
  • フライドポテトのカートン
  • クラムシェル型パッケージ
  • ロック付き折りたたみ容器

DoEは、この6種類の食品包装(場合によっては追加の包装について)、代替調査を継続します。

追加情報

追記:メイン州とニューヨーク州は、食品包装のPFASに関する同様の制限法案を通過させました。 他のいくつかの州でも、2021年に食品接触材料のPFASを排除する法律が導入されているか、導入される可能性があります。