米国16 CFR 1632: マットレスとマットレスパッドの可燃性に関する基準

2021/7/27

2021年6月23日、米国消費者製品安全委員会(CPSC)は、16 CFR 1632 マットレスとマットレスパッドの可燃性に関する法律の最終修正ルールを発表しました。
この修正により、本試験の標準参照資料である着火ソースが更新されます。
現在の参照資料である紙巻きたばこはSRM 1196として知られていますが、すでに購買できなくなっています。CPSCが多くの調査と試験を重ねて新しいソース資料として決定したSRM 1196aは、SRM 1196と同等の検査結果と性能を示しています。
今後、16 CFR 1632はSRM 1196aを着火ソースとして使用します。ルールの適用開始は、2021年7月23日からとなります。

連邦官報より(抄訳):
「マットレスの製造業者と輸入業者は、マットレス製品がSRM1196aを使用して確実にテストされていることを確認する責任があります。もし、供給元のマットレス製品がこの要求事項に適合していない場合、製造業者と輸入業者は製品を修正するか、製造もしくは輸入自体を中止しなければなりません。さらに、消費者製品安全改善法(CPSIA)とその施行令に則り、若年者用のマットレスを製造・輸入する際には、子供用マットレスとして規格の要求事項を満たしていることを証明する文書の提出が求められます。」

参考情報:https://www.govinfo.gov/content/pkg/FR-2021-06-23/pdf/2021-13070.pdf

原文(英語):16 CFR 1632: STANDARD FOR THE FLAMMABILITY OF MATTRESSES AND MATTRESS PADS